陶芸教室は日比谷線で上野から一駅、東京竜泉窯陶芸教室

東京竜泉窯陶芸教室カリキュラムについて

東京竜泉窯陶芸教室 作品見本

初めて陶芸をされる方には「基礎コース」から始めましょう。(経験のある方はスキップできます。2〜3ヶ月で終了します。)
基礎コースを終了すると、ほとんどの形の器を手びねりで作ることが出来るようになります。
当工房での必須カリキュラム はこのコースだけ。このあとは、てびねり中級コース、電動ロクロコース、自由制作コースからお選びいただけます。


1)陶印まずご自分の印を粘土で作ります。これから作る陶芸作品全てに押していただくことになりますので気に入ったデザインを考えましょう。2)土練り荒練りと菊練りの両方を練習しましょう。特に菊練りは時間をかけてゆっくりマスターして下さい。3)碗作り粘土の塊を掘り出して碗やぐいのみ、コーヒーカップなどを作ってみましょう。成形と削りを2回に分けて進めます。4)紐作り紐状にした粘土を積み上げて成形します。お湯...

1)徳利とぐいのみ徳利のように胴体よりも口が小さい形を袋物と呼んでいます。お酒を召し上がらない方は一輪挿などにアレンジしましょう。2)黒化粧掻落大皿手ロクロの上に板を固定してより底の広い大皿を作ります。化粧土を使った装飾の方法も覚えましょう。3)象嵌タタラカップ違う色の粘土を使って模様を入れていきます。タタラ作りを応用してカップに仕上げていきます。4)ふたもの1ふたものの蓋と身の合わせ方にはいろい...

最初の一ヶ月ほどは基礎的な練習をしましょう。その後は形の小さいもの、似ているものから順に挑戦していきましょう。基礎練習)ロクロの使い方・土殺し・しっぴきの使い方・茶碗の制作・削り)ちょうどご飯茶碗のような大きさ、形を練習します。個人差がありますが約9時間で形になります。小皿)手の平に乗るような小さな皿の練習。底を平らに作れるようになりましょう。中鉢)ロクロの上に板をすえつけ大物に挑戦。最初は直径3...

トップへ戻る