Tokyo Ryusen Ceramic Studio 〒110−0012 東京都台東区竜泉1−31−7 TEL)03-3873-6501 MAIL サイトマップ
東京竜泉窯陶芸教室

陶芸教室TOP   カリキュラム   講師紹介   入会のご案内   地図   年間予定表   ENGLISH

             HOME陶芸技法公開講座TOP>炭化焼締 



炭化焼締について

陶磁器の表面に色や文様を表すのに、釉薬や顔料を使うのが一般的ですが、それらを使わず焼締めてしまうこともあり、これらをせっ器と呼ぶことがあります。
日本では、岡山県の備前焼が有名ですが、鉄分を多めに含んだきめの細かい赤土を使えば、さまざまな景色を楽しむことができます。
作品を焼成するときに回りに炭などの可燃物を置くことで、炎が出て、それが表面に景色となって現われます。
皿などの平らな作品には炎のあとが残りにくいため、牡丹餅と呼ぶ技法を使って、文様をつけるようにすると良いでしょう。

 

 

炭からの炎が景色に
なって焼き付きます。

施釉されたものと一緒に
焼くとき はサヤに入れ
ましょう。
稲ワラも面白い景色を
作ります。

実技
鉄分の多い土か備前土を使って成形し、素焼きしたものを準備します。
炎の景色を希望される方はサンドペーパー処理をしたものをそのままお預かりします。
牡丹餅にしたい方は、道具土を好みの大きさ、形にして、作品の上に並べます。平らな皿などに適した技法です。 このとき稲藁を使って、アクセントをつけることも可能です。RFで焼成します。
焼締の作品は、施釉したものと違って、焼成後にサンドペーパーをかけて、表面を滑らかにしてからお持ち帰り下さい。炭化の作品は普通焼成のものに比べて、表面が焼き締まっていますが、使用する際に水をくぐらせるようにするか、水止め剤を塗ると良いでしょう。

HOME陶芸技法公開講座TOP>炭化焼締