Tokyo Ryusen Ceramic Studio 〒110−0012 東京都台東区竜泉1−31−7 TEL)03-3873-6501 MAIL 
東京竜泉窯陶芸教室

陶芸教室TOP   カリキュラム   講師紹介   入会のご案内   地図   年間予定表   ENGLISH

             HOME陶芸技法公開講座TOP>和紙染めと転写 


和紙染めと転写

  和紙を使って素焼きを染めると、広い面積をムラなく色を置くことができます。
が、これは呉須や酸化クロムなど粒子がごく細かい顔料しか上手くいきません。

右のようにピンクやオレンジなどをムラなく染めるために、今回はあらかじめ和紙に顔料を塗ったものを用意しました。

 

転写の実技

お好みの色の顔料付き和紙を好きな形に切って、少し圧力をかけるように水を染み込ませます。 水気が引いてから和紙をはがすと、黄色の蝶が染められました。 磁器土など、キメの細かい粘土の方が色のせしやすいようです。今回はオレンジや黄色、ピンクを用意しました。呉須や酸化クロムと合わせて使ってみるのも面白いでしょう。

和紙染めの実技

1)あらかじめ素焼きした素地を用意します。呉須などの顔料との組み合わせ次第で出来上がりの雰囲気が変わります。磁器土や白化粧土を使うなどして白色の地色が向いています。
2) 和紙を手でちぎったり、ハサミで切るなどして、形を整えます。 和紙の選びかたが決め手になります。美濃紙や障子紙等よく水が染みるものが良いようです。
3) いらない素地の上で、一度和紙に水を染み込ませ乾かします。この一手間で顔料の染み込みが良くなり、ムラになるのを防ぎます。
4)素焼き作品の上にのせ、うすい呉須を染み込ませます。呉須を染み込ませたあと乾くのに時間がかかります。同じ形を2〜3枚用意するなどして、効率良く作業しましょう。重なったところは色が濃くなりますので上手に柄に生かしましょう。
5)和紙染めをした後、書き落としたり筆線を足したりすると引き締まった表情になります。十分に乾いたら施釉します。たまに最後の一枚の和紙を取るのを忘れる方がいらっしゃいますので注意しましょう。

顔料について

顔料が濃いとムラになったりうまく端まで染みなかったりしてうまくいかないことがあります。 左の写真を参考にして下さい。

呉須) OFでもRFでも青色に発色します。

鉄) OFでもでは茶色に発色しますが、RFでは釉に熔けてしまい発色しにくい ので、筆描きすることをおすすめします。


還元炎焼成の場合

酸化炎焼成の場合

 HOME陶芸技法公開講座TOP>和紙染めと転写