Tokyo Ryusen Ceramic Studio 〒110−0012 東京都台東区竜泉1−31−7 TEL)03-3873-6501 MAIL 
東京竜泉窯陶芸教室

陶芸教室TOP   カリキュラム   講師紹介   入会のご案内   地図   年間予定表   ENGLISH

             HOME陶芸技法公開講座TOP>ねずみ志野 

 

ねずみ志野


桃山陶器を代表する志野焼の中に、絵志野と並んでねずみ志野、赤志野があります。 白い地肌に鬼板を使って絵付けをする絵志野に対して、ねずみ志野はまず全体を鬼板で 覆ってしまい、少し乾いたところに掻き落とし文様を入れて行きます。(当工房では 鬼板のかわりに黒化粧を使用しますが、要領は同じです。)絵志野に比べて細い線を用 いてのデザインが多いようです。


ねずみ志野の呼び方は、比較的新しく昭和初期に古窯発掘調査をしていた人たちが、ねずみ色の志野焼を見て、ニックネームとして「ねずみ志野」と呼んでいたのが、いつの間にか定着したものです。


器体の色合いは、化粧土の濃さと、志野釉の厚さと窯焼きによって多様になります。一般に化粧土を濃い目に、釉を薄めに、焼きを強めにすると、ねずみ色から赤色に変化していきます。特に赤いものは「赤志野」と呼ぶこともあります。


作る形は茶碗や菓子鉢など何でも良いのですが、志野土を使うので湯呑みなど普段づかいのものには、土味を残さず高台脇までしっかりと施釉することをおすすめします。

 

削り仕上げが終わった素地に鬼板、または黒化粧土を塗ります。 内側にも塗りましょう。

手で触れるぐらい乾いてきたらヘラを使って掻き落とします。

 

用語解説
鬼板 ・ ・・・ ・ 志野土とともに産出する天然の鉄分を含んだ顔料。板状になってい るところからこう呼ばれている。
荒川豊蔵 ・ ・ 志野は長い間瀬戸で焼かれたものと考えられてきましたが、この人 たちの研究グループにより、美濃に窯跡が発見され、美濃の焼物で あることが分かりました。ねずみ志野のなづけ親の一人でもあり ます。

HOME陶芸技法公開講座TOP>ねずみ志野