Tokyo Ryusen Ceramic Studio 〒110−0012 東京都台東区竜泉1−31−7 TEL)03-3873-6501 MAIL 
東京竜泉窯陶芸教室

陶芸教室TOP   カリキュラム   講師紹介   入会のご案内   地図   年間予定表   ENGLISH

             HOME陶芸技法公開講座TOP>呉須象嵌 

呉須象嵌

 

象嵌とは、素地に別の素材をはめ込むという意味で、本来は金属工芸の技術の呼称でしたが、近年は陶芸にも多用されています。

化粧土の素地にあらかじめ線彫りをしておいて、素焼きのあとで呉須を塗りつけて行く呉須象嵌の技法は、伝統的なものではありません。が、筆を使わずに細い線で絵が描けるので、親しみやすい技法と言えるでしょう。

実技

・白土や志野土など、きめが細かく白っぽい色をした粘土で成形し、削り仕上げを終えた素地を用意します。

・白化粧は器の外側から、刷毛塗りします。なるべく刷毛目を目立たせぬよう、厚めに塗って下さい。 器の内側をぬるときには、中心から外側に向かって塗りましょう。 まん中には化粧がつきにくいため、あまり触れないように気を付けます。

※上級者は刷毛を使わず、浸しがけでも結構です。きれいにかかりますが乾かして線彫りを入れるまで、多少、時間がかかります。

手で触れてもベタつかない程度に乾いたら竹串や針などで線描きをしていきます。下描きが必要な人は、赤インクであたりをつけることが出来ます。彫ったときに出るバリは素焼きの後で取り除きます。

素焼きがおわったら、バリ取りをして、うすい呉須を塗って下さい。そのまま釉をかけるとブルーが濃い目になります。水を含ませたスポンジで呉須をふき取ってしまえば、白っぽくなります。

ところどころに呉須やクロムを補うことができます。

素地を十分乾かして、透明釉を掛けます。

  HOME陶芸技法公開講座TOP>呉須象嵌