Tokyo Ryusen Ceramic Studio 〒110−0012 東京都台東区竜泉1−31−7 TEL)03-3873-6501 MAIL 
東京竜泉窯陶芸教室

陶芸教室TOP   カリキュラム   講師紹介   入会のご案内   地図   年間予定表   ENGLISH

             HOME陶芸技法公開講座TOP>絵唐津
 

絵唐津を作ろう!

唐津は、唐船が出入りする港だったところからその名が興ったとされ、古くから大陸と交易の盛んなところでした。

朝鮮半島から、陶芸の技術も入り、1700年も前から窯があったという説もありますが、約400年前におこった、豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の前後に渡ってきた陶工たちが今日の唐津焼と直接結びつく基礎を確立したと言えるでしょう。

当時の日本ではまだ珍しかった、釉をかけたやきものが制作されるようになると大名や茶人の間で注目を集め、九州地方全体や本州の方にもその技術は伝わって行きました。この中から、有田で磁器の製作が始まり、山口では萩焼が興っています。

現在の唐津焼は、大陸から伝わった当時の面影を色濃く残す素朴な感じのものが多く、料理等にも良く合うことから、高い評価を受けています。

実技  
唐津焼に使われる土は、多種多様ですが、今回は少し赤めの土を用意しました。唐津土は一度に大量には産出しないため、品質には多少誤差があります。

ロクロ成形を基本とします。内側には牛ベラをあてると良いでしょう。 鉢や向付等の食器類には、まんまるのものは少なく、成形直後に変形させたり、フチを切り落としたりして、四方形にすることが多く見られます。

牛ベラを底や縁などそれぞれの場所に合わせて使うことで鉢もきれいに作ることができます。

これは「すはま」と呼ばれている形。ロクロ成形後すぐ変形させます。 ←こちらは蛤の形。丸いお皿を作って、一ヶ所つまんで作ります。

←素焼の後、鉄で絵付をします。水辺の植物をあっさりと描くことが多いようです。 ←長石釉をかけて、焼成をします。(当工房の長石釉は古い唐津の釉をなるべく忠実に再現してあります。)

 
HOME陶芸技法公開講座TOP>絵唐津