Tokyo Ryusen Ceramic Studio 〒110−0012 東京都台東区竜泉1−31−7 TEL)03-3873-6501 MAIL 
東京竜泉窯陶芸教室

陶芸教室TOP   カリキュラム   講師紹介   入会のご案内   地図   年間予定表   ENGLISH

             HOME陶芸技法公開講座TOP>ブラスター2

 

サンドブラストの可能性U

しばらく前に素焼きした生地にサンドブラストを使うお話をしましたが、今回は本焼き焼成後に使う方法を紹介します。

 

サンドブラスターを使って、本焼焼成後の作品の表面をつや消しに加工する技法を紹介します。
 艶のある部分とつや消しの部分を効果的に利用しましょう。

ガラス彫刻の分野で盛んに行なわれている技法を応用したものですが、ガラスと釉薬の表面には異なった点もあるので、いくつかの注意が必要です。

 

実技

本焼の終わった素地を用意します。あらかじめ釉薬を掛けておきますが、無釉のもの(焼締等)、釉が気泡によって乳濁しているもの(斑唐津釉や灰釉、伊羅保の低温焼成)は、避けた方が良いでしょう。また、はじめから釉の表面に艶がないもの(白マット、志野など)は効果が薄いかもしれません。

ガムテープやセロハンテープ、市販の紙シール等を使って、光沢を残したいところに貼っておきます。

文字などを筆で描きたいときにはラテックスや樹脂を使うことが出来ます。

サンドブラスターで、砂を吹き付けて加工します。時間を掛けすぎると釉に段差ができたり、釉の厚みが全て削れてしまいます。


マスキングテープをはがして出来上がり。

 HOME陶芸技法公開講座TOP>ブラスター2