陶芸教室は日比谷線で上野から一駅、東京竜泉窯陶芸教室

東京竜泉窯陶芸教室 手びねり中級コース

東京竜泉窯手びねり中級

1)徳利とぐいのみ
徳利のように胴体よりも口が小さい形を袋物と呼んでいます。お酒を召し上がらない方は一輪挿などにアレンジしましょう。
2)黒化粧掻落大皿
手ロクロの上に板を固定してより底の広い大皿を作ります。化粧土を使った装飾の方法も覚えましょう。
3)象嵌タタラカップ
違う色の粘土を使って模様を入れていきます。タタラ作りを応用してカップに仕上げていきます。
4)ふたもの1
ふたものの蓋と身の合わせ方にはいろいろなパターンがあります。まず香合のような小さなものを作りましょう。小物入れにすることもできます。
5)ふたもの2
砂糖入れのような蓋と身を別々に作るものがテーマです。実用的に仕上げるためには、つまみの形や合わせた部分の遊びの取り方など注意しなければならないことがたくさんあります。また施釉の際にも注意が必要です


トップへ戻る