陶芸教室は日比谷線で上野から一駅、東京竜泉窯陶芸教室

東京竜泉窯陶芸教室 基礎コース

東京竜泉窯陶芸基礎コース

1)陶印
まずご自分の印を粘土で作ります。これから作る陶芸作品全てに押していただくことになりますので気に入ったデザインを考えましょう。
2)土練り
荒練りと菊練りの両方を練習しましょう。特に菊練りは時間をかけてゆっくりマスターして下さい。
3)碗作り
粘土の塊を掘り出して碗やぐいのみ、コーヒーカップなどを作ってみましょう。成形と削りを2回に分けて進めます。
4)紐作り
紐状にした粘土を積み上げて成形します。お湯呑みやジョッキから花瓶や大壷までこの技法で作れます。削りの際に取っ手を付けたり、刻文や貼りつけ文様を施すことも出来ます。
5)タタラ作り
粘土をスライスして板状にしたものからお皿を作ります。表面に布目や植物の葉、印等を押して柄をつけることもできます。慣れたらこの技法でマグカップや型による揃いの鉢等も作れます。
6)絵付・施釉
成形した作品の素焼きが上がったら、随時施釉しましょう。鉄や呉須でお好みの絵を描くことができます。


トップへ戻る